LiVE for WebLiFE* 優待販売 | 株式会社デジタルステージ

ttl_main.png


ttl_bilboard_movie.png

LiVE for WebLiFE* コンセプトムービー 【LiVE Lab.】番組プロモーションムービー

img_head_set.png

bar_buy.jpgbar_buy.jpg

83E83F83u90A78DEC82CC8DC590E6925B8BZ8Fp82F08Bl82DF8D9E82F182BE81A208Av90V93I82C8835C83t83g83E83F83A81B.png
最近、企業サイトでよく目にする「キャンペーンサイト」や「ブランディングサイト」。それらのサイトは、とても高度な技術と予算がかけられ、ゴージャスなものが多く、例えば音が鳴ったり、写真や文字がアニメーションしたり、見た目もかっこ良くて、まるで今までのウェブサイトじゃないみたい……。これらは、プロのウェブデザイナーでないと絶対に作れないと言われていました。でもこの夏、そんな最先端のサイトが誰にでもカンタンに作れてしまう革新的なソフトが登場します。
それが……この「LiVE」なんです!

83O838B815B83v20108.png
LiVEで作るサイトと今までのサイトとの違いは、見れば一目瞭然です。「フルスクリーンで写真をダイナミックに魅せる」「BGMを流せる」と言っても、LiVEの特長はなかなか伝わりづらいかもしれません。百聞は一見に如かず。まずはサンプルサイトをご覧ください。見れば、「ああ、なるほど!こういうことか!」と思っていただけるでしょう。LiVEなら、訪れた人の〈心を一瞬で掴む〉サイトがすぐに作れます!

button.png

ttl_template.png

cap1.psdcap1.psd

ttl_template1.png

自分の生い立ちや日頃の活動などをスライド毎に紹介するだけで、名刺代わりとなるプロフィールサイトが、あっという間に完成。SNS系のボタンを設置して、新たな“つながり”を作りましょう。

btn_template.pngbtn_template.png

cap6.psdcap6.psd

ttl_template6.png

言葉だけのレポートは退屈ですよね。LiVEなら、写真をフルスクリーンで見せたり、写真にあったBGMを流すだけで、言葉では伝わりづらい空気感や情感までもレポートします。

btn_template.pngbtn_template.png

cap2.psdcap2.psd

ttl_template2.png

作品紹介に適したスライドの“アルバム”テンプレートで、各作品を美しく紹介するだけでなく、ダイナミックな背景写真でアーティストやクリエイターのより深い世界観を表現します。

btn_template.pngbtn_template.png

cap4.psdcap4.psd

ttl_template4.png

限られたシンプル情報だけで、製品やプロジェクトを紹介するティザー(予告)サイトはLiVEの得意分野のひとつ。「カウントダウンカレンダー」を設置すれば、発売日やイベント当日までを効果的に盛り上げられます。

btn_template.pngbtn_template.png

cap5.psdcap5.psd

ttl_template5.png

コミュニティーのコンセプト紹介やメンバー紹介もLiVEならスライド毎に作っていくだけ。SNS系のウィジェットを設置することで、さらなるファンの獲得を目指します。

btn_template.pngbtn_template.png

cap3.psdcap3.psd

ttl_template3.png

ダイナミックなビジュアルと簡潔なコピーで、店舗やプロジェクトの“らしさ”をわかりやく表現します。読者を離さないためにもSNS系ウィジェットは欠かせません。

btn_template.pngbtn_template.png

title.png



images01-s.pngLiVEサイトの構成は実はとてもシンプル。ページに<スライド>を並べていき、中身のコンテンツ(文章や写真や動画など)を埋めていきます。次に<ウィジェット>と呼ばれる演出用アイテム(ボタンやツイッターやフェイスブックのパーツなど)を好きな位置に置けば完成です。ここではカスタマイズしたい方のために、大まかなルールをお伝えします。LiVE サイトは最新のHTML5 とCSS3 で構築される高度なフルjQueryサイトですが、カスタマイズする際もタグやスクリプトを入力する必要はありません。

images02.png


【LiVE Lab.】番組プロモーションムービー

【LiVE Lab.】番組プロモーションムービー

ttl_dramatic.png

ttl_dramatic2.png

ウェブサイトに込められた「想い」や「空気感」を表現することも、LiVEの得意ワザです。BGMやムービーを使って、時にダイナミックに、時に繊細にコンテンツを演出。訪れた人を一瞬で独自の世界観に引き込むこともカンタン。また、情報を広めたい、仲間を増やしたい、イベントに参加してほしい、といったサイトの目的に合わせて読者のアクションを促す仕掛けも充実させました。

ttl_allinone.png

ttl_allinone2.png

はじめてのウェブ制作でも、LiVEならご安心ください。自由に使える素材と画像編集ツール、そして運営に欠かせないサーバーサービス、必要なものはすべてLiVEがそろえました。これを手に入れればもう他に何か新たなソフトを買い揃える必要はありません。
また操作感だって、心配ご無用。編集画面から極力ボタンを減らし、制作者が迷いにくいシンプルなインターフェースを実現。



LiVEを手にすれば、買ってすぐに使える、プロ納得の音素材や写真素材などを多数収録。美しいサイトを作るのに必要な素材はLiVEに収録済み!さらに、製品に同梱される「写真素材パス」を使えば、プロ撮りおろしのハイクオリティ画像が満載の「iStockphoto」から、写真素材をなんと16,000円相当分も自由にダウンロード可能です!

img_allinone1.png



はじめてだと自分自身でレンタルサーバーを探して契約するのは、ちょっと面倒臭い。しかし、LiVEを買うと、相性抜群のLiVE専用サーバー「WebLiFE*サーバー」が最大3ヶ月間も無料で利用可能!しかもLiVE本体でサイトを更新して、ボタン1つクリックするだけで「WebLiFE*サーバー」にアップロード完了です!
※BiNDサーバーは、7月よりWebLiFE*サーバーへ名称変更いたします

img_allinone2.png



LiVEは、ただホームページを作成するだけのソフトウェアではありません。サイトの重要なデザイン要素のひとつ、ロゴやボタン画像も作成できる画像編集ツール「SiGN Pro」を搭載。初めての人でも安心して作れるようテンプレートから作成・編集できるだけでなく、あらゆる素材やテキストを自在に配置したり、画像サイズを自由に設定可能。またレイヤーも作成できるため複数の画像を重ねるなど複雑なデザインでも直感的に行えます。
初心者には操作が難しい高価でプロ仕様の画像編集ソフトは、もうLiVEにはいりません。

img_allinone3.png



さまざまな閲覧環境での表示の最適化は初心者には、難しいもの。しかし、LiVEならご安心ください。今や、ウェブの世界で見過ごすことができないiPhoneやiPadでの閲覧だって、LiVEならソフト側で自動で最適化してくれます!
※iPhoneやiPadでのサイト表示は、PC表示とは異なります。

img_allinone4.png



テンプレートのデザインだけでは満足できない方は、カスタムタグを活用してオリジナルデザインのスライドを作れます。レイアウトを変更したり外部のウェブサービスを組み込んだりと部分的なカスタマイズはもちろん、デザインの幅は広がります。その他、Open Graph設定やアクセス解析など、ウェブの運営に欠かせない機能も搭載しています。

img_allinone5.png

ttl_specialitem.png他では手に入らないDSストア限定&優待販売だけのオリジナル特典アイテム!
手に入れないのはもったいない! お見逃しなく!

bilboard_kit.jpg

※連携キットDXはLiVE製品登録後、MyPage Serviceよりダウンロードしてお使いいただけます。

txt_kit.jpg

img_dx1.jpg
btn_dx1.jpg
img_dx2.jpg
btn_dx2.jpg
img_dx3.jpg
btn_dx3.jpg
img_dx_set.jpg

img_border.png

ttl_specialitem1.png

ttl_specialitem2.png

デジハリDVD.psd

template.png

LiVEが提案するWEBの新しい概念「ウェブプレゼンテーション」の解説をもとに、ウェブと消費者の変化からビジネスにも役立つ「明日のウェブ」を考察するデジタルハリウッド・オンラインスクール制作の特典DVD!
LiVE講座開講に先駆け今回の優待販売だけの特別講座です。

このCD-ROMにはDSストアでしか手に入れることのできないLiVE特製テンプレートを収録。
※このテンプレートは開発中のものです。デザインは変更になる可能性があります。

ttl_packageitem.png

LiVEはただホームページを作るためだけのプロダクトではありません。あなたの“想い”や“アイデア”を楽しくカタチにするための、サポートキットも収録しました!

ttl_path.png

LiVEユーザーのみなさのビジネスユースを支援する4種類のパスポート総額33,440円相当を付属。これらをフル活用して、あなたのLiVEサイトをより戦略的に運営してください。

btn_detail.pngbtn_detail.png

btn_detail.pngbtn_detail.png

img_border.png

購入前のよくあるご質問

優待販売に寄せられるご質問を集めました。ご購入の前に必ずお読みください。

LiVEに関するお問合せ

クロスプラットフォーム版の詳細を教えてください

Windows用ライセンス、Mac用ライセンスがセットになったパッケージです。
クロスプラットフォーム版をご購入いただいた場合、動作環境内のお持ちのWindowsPC2台、MacPC2台(各OS2台・合計4台)にインストール・認証しご利用いただけます。

専用のWebLiFE*サーバーお申込みカードやビジネス・パス特典はひとつとなります。

こちらは、1人のユーザー様がWindows、MacそれぞれのPCでご利用いただくためのパッケージとなりますので、クロスプラットフォーム版をご購入いただき、複数のユーザー様でシェアしご利用いただく目的ではお使いいただけません。
ご了承ください。

クロスプラットフォーム版を購入し、職場やグループなど複数人で共有して利用できますか?

できません。
クロスプラットフォーム版は、1人のユーザー様(もしくは一法人/一団体としての登録)がWindows、MacそれぞれのPCでご利用いただくためのパッケージとなります。
製品登録時に法人や団体のご名義で登録し、インストール・認証することで、動作環境内のWindowsPC2台、MacPC2台(各OS2台・合計4台)でご利用いただけます。

サイトデータは各PCごとに保存されますので、PC-AとPC-Bで同じサイトを編集したい場合は、編集ごとにサイトデータを移行する必要があります。
手順についてはサポートFAQページにてご案内いたします。

※クロスプラットフォーム版をご購入いただき、登録名義を分けるなど、複数のユーザー様でシェアしご利用いただく目的ではお使いいただけません。

今夏発売予定のMac OS X 10.8 Mountain Lion には対応しますか?【Mac】

無料アップデーターにて対応予定です。

詳細に関しましてはMac OS X 10.8 Mountain Lionの正式リリース後、動作検証を行った上でご案内いたします。

今秋以降に発売されるWindows 8には対応しますか?【Windows】

無料アップデーターにて対応予定です。

詳細に関しましてはWindows 8の正式リリース後、動作検証を行った上でご案内いたします。

BiND for WebLiFE/ID for WebLiFEで作成したデータをLiVEで編集することはできますか?(互換性はありますか?)

各ソフトはそれぞれ特徴があり、内部仕様が異なります。
そのため、LiVEにBiNDやIDで作成したサイトを取りこんで編集することはできません。

ご了承ください。

購入に関するお問合せ

LiVEを優待価格で何本まで購入できますか?

お一人様(1優待コード)につき各OS3本まで、クロスプラットフォーム版の場合はお一人様1本までお申し込みいただけます。
ただし、合計の注文本数は6本までとさせていただきます。数量限定のため期間中でも限定数に達し次第、販売を終了する場合がございます。予めご了承ください。

アカデミックパックはありますか?

ご用意しております。
ご予約受付は7月下旬より開始いたします。
ただし優待販売のお知らせがメールで届いている方は、豪華特典がつくので優待販売での購入がお得です。

BiNDサーバー(WebLiFE*サーバーに改名予定)・その他に関するお問合せ

現在契約中のBiNDサーバー契約(WebLiFE*サーバーに改名予定)は、LiVEで引き続き利用できますか?

プレミアムコース・オンラインショップコースは引き続きご利用いただけます。
ベーシックコースはBiND for WebLiFE*3以降でのみご利用いただけます。

現在契約中のBiNDサーバー契約(WebLiFE*サーバーに改名予定)にサーバー無料期間特典は適用されますか?

適用できません。
サーバー無料期間特典は新規契約の時のみ利用頂けるものとなります。

BiND for WebLiFE*(BiND5)は販売終了するのでしょうか?

BiND for WebLiFE*(BiND5)も引き続き開発・販売をしてまいります。

BiNDとLiVEでは、それぞれ全く異なる特徴を持っていますので、違うタイプのウェブサイトの作成が可能です。
またそれぞれの特徴を生かし、連携させていく方針です。

マニュアルや解説本などはありますか?

現在のところ解説本などの書籍はございません。
今後の発売に向け検討中です。

なお、ソフトの操作方法に関しましては、サポートページ内「オンラインマニュアル」にて公開予定ですので、ご利用にあたって、そちらをご活用ください。

セミナーや講座の開催はありますか?

デジハリ・オンラインスクールにて、LiVEの講座が開設予定です。
詳細につきましては、決まり次第ご案内させていただきます。